No.14 BPAに気を付けろっ!知らず知らずに食べている有害物質

BPA(ビスフェノールA)という物質の危険性が最近注目されています。BPAはポリカーボネイトやエポキシ樹脂などのプラスチックの原材料です。それは缶詰や缶ジュースや缶コーヒー等の缶ドリンクの内側のコーティング、食品用のトレーやラップ、プラスチック製の食器や哺乳瓶などにも使用されています。

このBPAは女性ホルモンに似た働きがあり、最近のリサーチにより脳や神経、生殖機能に悪影響を与える他、ガンや心臓病、肥満などにも影響を与えることが指摘されています。特に妊娠中の女性の胎児や、成長途上の子供に対する影響は大きく、各国において規制が強化されて来ています。

実際アメリカにおいては90%以上の人々の体内には既にBPAが入り込んでいるといわれます。また生まれたばかりの子供のへその緒から調べたサンプルを調べた結果、それぞれ違った環境、地域における被験者10人の内9人の新生児からBPAが検出されました。これはBPAが胎盤を通り抜け胎児に届いている事実を表しています。

このBPAが体内に入ることを極力防ぐためには、缶詰や缶ドリンクは出来るだけ買わずにガラスボトル入りのものを選ぶことが1つの方法です。さらにBPAは熱や油に接することで食品中に溶け出てしまう可能性が高いので、プラスチック容器を電子レンジで暖めるのは危険と言えます。特に油っぽい食品の場合は要注意です・・・

と、日本においても少しずつ知られて来ているこのBPAの危険性について、今回は取り上げてみました。特にお子さんのいる家庭では知っているべきですね。ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です