No.9 視野が広い子供を育てるヒント!・・・群盲像を撫でる?

テクノロジーの進化やグローバル化など、世の中の移り変わるスピードがかってないほど早い現代、より幅広い視点でものごとに対応することが求められています。そういう中、より視野が広い子供、そして大人を育てるためにはどうしたら良いでしょうか?

群盲像を撫でるということわざがあります。これは目の見えない6人が象に触れて、それぞれが象というのはどの様なものかを表現するのですが、象の体の触れる箇所によって全く違う感想を持つという話です。

この話と視野が広い子供を育てることがどうつながるのでしょう?・・・なんてことを今回は話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です