*

現代の子供は電磁波の海の中・・・スマホは安全か?

公開日: : 最終更新日:2016/03/21 ヘルシーキッズ!(健康情報), 環境問題トピック

最近は携帯電話、特にiPhoneの様な

スマートフォンの普及がすごいですね。

 

それにコーヒーショップを始め、

家庭を含めてどこに行ってもWifiが

使える様になってきました。

 

でもこれらから出される電磁波の

海の中で生活をしていること、

とりわけ子供の健康にとっては

大丈夫なのでしょうか?

 

ということで、今回はそれらに

関する記事をご紹介します。

 

=========================

 

現代の子どもたちは、人間の歴史

の中で今まで存在したことがない

電磁波の海の中で育っています。

 

アメリカでは現在、14歳以下の子供

約20万人が携帯電話を持っています。

これら無線機器のこの増殖は、

妊娠中の女性、健康な子供を望む男性、

そして子供にとって重大な健康問題が

あると言われます。

 

非電離またはマイクロ波の電磁波は、

動物実験において、脳と精子にダメージを

与えることが確認されています。

 

携帯電話は常に同じ周波数で動作する

電子レンジとは異なり、断続的で不安定な

マイクロ波と呼ばれる高周波のパルスを

双方向でやりとりします。

 

携帯電話やタブレットからの電磁波は弱く、

分子同士の結合を破壊する事は出来ませんが、

DNAを妨害し、脳の防護壁を弱め、有害な

フリーラジカルを発生させます。

 

5歳の子供の脳の場合、まだ頭蓋骨が薄く、

大人の脳に比べより多くの流体が含まれます。

子供の頭の骨髄は、成人の10倍以上の

電磁波を吸収し、乳幼児の場合は

それ以上でしょう。

 

—————————-

 

最近では乳児向けのアプリも沢山あり、

赤ちゃんの気をそらすために、

多くの親がそれらを利用しています。
米国小児科学会は、子どもたちが、

携帯アプリよりもよりも多くの生身の

人間との接触時間が必要であることを

警告しています。

 

人間同士の触れる、嗅ぐ、見る、聞く

というものを子供は必要としており、

テクノロジーがそれにとって代わる

ことは出来ません。

 

———————————

 

これまでに実施された研究において、

一日30分以上定期的に携帯電話を

使うと、脳腫瘍のなるリスクが2倍

になります。

 

また10代の内から携帯電話を使い

始めると、その後10年以内に

疾患を患うリスクが4 ~5倍以上に

なるとのこと。

 

携帯電話からの電磁波の影響は、

聴覚障害、自閉症、行動の変化、不眠、

耳や耳鳴りを含め、深刻な問題が増え、

他にもパーキンソン、アルツハイマー病、

などにも関係していると言われます。

 

男性の生殖機能の健康について、

クリーブランドクリニックの教授

アショクAgarwalさんと、オーストラリア

ニューキャッスル大学のサー・ロバート・

ジョン・エイトケンが研究を行いました。

 

それによると携帯電話の電磁波に

さらされたヒト精子は、泳ぎが悪く、

3倍の速さで死ぬことが示されており、

また変形しおり、そのDNAにかなり

多くのダメージがあることを示しています。

 

スマートフォンに付属している警告文

にても、ポケットに携帯電話を保持しない、

妊娠女性の腹部や、思春期の子供達に

携帯電話との接触を回避するようにと、

書かれているそう。

 

——————————–

 

妊娠中の女性、赤ちゃん、父親になる

ことを希望する男性、または幼児の

ための携帯電話の電磁波の安全な

基準量というのは明確ではありません。

 

ほとんどの携帯電話には、腹部から

5センチ以上は離すようにという

注意書きがあります。

 

但しこれは大人を基準としており、

平均幼児の頭はその約半分の重量

ですので、より注意が必要です。

 

携帯電話はマイクロ波電磁波を

発生するソースのひとつです。

またiPadの様な無線タブレットも

それらを発生します。

その場合は体から16センチ以上離す

ことを薦めています。

 

—————————

 

では、どうしたらあなたは

それらの電子機器から放出される

電磁波から身を守れるのでしょうか?

 

1. まずはそれらの電子機器を使用する際、

体から十分離す様に心がけましょう。

 

2. 次に直接あなたの頭の横で携帯電話を

持たないで下さい。電話で話すためには、

ヘッドセットやスピーカーフォンを

使用してください。

 

3. 妊娠中の女性は携帯電話をお腹付近から

離してください。また父親になりたい

男性は、ポケットに電話を入れないで下さい。

 

4. 子供たちがあなたの携帯電話で遊ばない

様にしてください。また思春期の子供の

場合はイヤホーンやスピーカーを使用して

頭から離すようにしてください。

 

5. 家庭内でWifiを使用している場合は、

その影響を少なくするため、夜間は、

ワイヤレスルーターの電源をオフにします。

 

6. 緑の野菜を豊富に食べること、

夜は暗い部屋でしっかりと睡眠をとる。

これにより電磁波によって受けた

DNAのダメージのが自然修復を促進する

のを助けます。

 

参考資料:Healthy Child Healthy World

 

————————-

 

いかがでしょうか?

 

とても便利な世の中になり、私達は

どこにいてもインターネットに接続

して、世界中とやりとりが出来るよう

になりました。

 

スマートフォンは昔風に言えば、

ポケベルで、ウォークマンで、デジ

カメで、ビデオカメラで、メモ帳で、

単行本で、地図で、電卓で、ゲーム、

お財布、それにもちろん電話でも

あります。そう小さなPCか、それ

以上の存在となっていますね。

 

その便利さゆえ、例えこの電磁波の

心配や、目の健康への影響などが

あっても、それらを無視してしまい

がちになります。

 

正直私自身も、そういうところは

有ります。ただ改めて今回の記事

にもあるような赤ちゃんや子供への

影響、健康な子供の誕生などを考慮

したら、気を付けるべきでしょう。

 

もしかしたら、私達は今の便利さと

子供達の健康な未来を引き換えに

しているのかも知れません。

 

今一度身近なところ、家庭での携帯

電話やスマートフォン、無線機器の

有り方から、見直ししてみては

いかがでしょうか。

 

より健康な家庭環境、元気な子供と

明るい未来のためにも、ぜひ今日から

取り組んでみましょう!!

 

今回の記事が参考になれば幸いです♪(^^)

関連記事

orangejuice

フルーツジュースが健康に良いのは本当?

健康のためにと考え、市販のオレンジ ジュースやフルーツジュース、野菜 ジュース等

記事を読む

fruitsguy

からだにやさしい環境作りのヒント(その二)

私達が家の中で、日常的に使っている物には沢山の 化学物質が使われている事をご存知でしょうか?

記事を読む

IMG_8079

大人のADHDに役立つサプリは? その改善のヒントは?(その2)

最近大人の方でADHDでお悩みの方 数名からお問い合わせを頂きました。  

記事を読む

candy1

からだにやさしい環境作りのヒント (その一)

私達が家の中で、日常的に使っている物には沢山の 化学物質が使われている事をご存知でしょうか?

記事を読む

IMG_6200

風邪、インフルエンザに負けない7つのヒント!

寒さが増して本格的な冬の到来ももうすぐですね。   この季節を元気に乗り越える

記事を読む

7tips for healthy baby

健康な赤ちゃんのための7つのヒント!

最近「子供が産まれました!」「妊娠中です♪」というニュースが身近でもありました。 新しい生命の誕生

記事を読む

vegs

目の健康にはやっぱり・・・ニンジン!

子供の目の健康、気になりますね。 確かに最近、メガネを掛けている子供を 本当によく見かけるように

記事を読む

PET bottle

子供にイオン飲料やスポーツ飲料はダメ!!

暑い夏、汗をかいて喉が渇いたら何を飲みますか? スポーツ飲料やイオン飲料という方も多いですね。

記事を読む

image af flower

お部屋の芳香剤が原因?!・・・アレルギー、生殖機能不全、行動障害まで

自宅や、オフィス、歯医者の待合室、 レストランのトイレ、自動車の中等々、 市販の

記事を読む

IMG_5005

子供の睡眠時間は足りてる?

寝る子は育つといいます通り、子供の成長には 十分な睡眠は欠かせません。では自分の子供の 睡眠時間

記事を読む

IMG_0556
インド料理はグッドチョイス

先週の出張中、2回もインドレストランに行きました。 一緒に行った

IMG_0652
食事制限を宣言!?

実は最近、食事制限をしています。 えっ?ダイエット中?

IMG_0600
自然に触れて集中力アップ!・・・ADHDの改善にも

森や林、身近な所では公園でも 緑がある場所へ行くと、気分が落ち

IMG_0669
緑の山とありがたい水

先週は仕事の関係で北カルフォルニア へ行ってきました!

IMG_9720
久し振りの帰国とお袋の入院・・・

1月末から2月上旬に掛けて約2週間、 久し振りに日本へ一時帰国し

→もっと見る

  • 2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
    PAGE TOP ↑