*

元気なお母さんの秘訣!ホルモンバランス5つのヒント!(前編)

公開日: : ヘルシーキッズ!(健康情報)

7年以上前に娘が誕生してから、私も父親と

いう立場で、それなりに娘と遊んだり、本を

読んだり、一緒にシャワーを浴びたりと、

時間も経験も共有して来たと思います。

 

でも、やっぱり娘が泣いた時にはママ(妻)の

ところへ行きますし、何か興味のあるものを

見つけると、「ママ、ママ、見てみて~」と

お母さんのところへ行きます。

 

その姿をみて思うのは、なんだかんだ

言ってもやっぱり一番身近なのは母親

なんだな~ということ。

 

だから、お母さんの健康状態や精神状態と

いうのが一番子供へ影響すると思います。

ということで、いかにお母さんが女性として

毎日元気にしていられるかということに

関するトピックを今回はご紹介します。

 

———————————

 

中国のことわざに「医者は一人の女性より

も十人の男性の治療を好む」というものが

あるそう。そうそれだけ女性というのは

複雑怪奇なものなのです。

 

私達のからだのホルモンがその複雑さの

大きな原因となっています。それが

女性の身体的、精神的、心の健康に

大きな影響を与えています。

 

体内のホルモンバランスが取れていると

健康で活力ある状態を生み出し、

スムーズな月経や問題の無い更年期を

迎えることが出来ます。

 

逆にそのバランスが崩れると、PMS

(月経前症候群)の様に、いつもは

おとなしく優しい女性が、理由も無く

攻撃的になったりもするのです。

 

では、なぜホルモンは私達のからだに

その様な影響を与えるのでしょうか?

 

——————————

 

ホルモンは内分泌系(卵巣、副腎、脳下

垂体、甲状腺)から分泌される強力な

伝達物質です。

 

女性生理と精神は、からだの重要な機能

をコントロールする毎月のホルモン分泌と

密接に繋がっています。

 

ホルモンバランスは循環器系、呼吸器系、

消化器系、生殖系、骨格系、そして免疫系

と、からだ全てのシステムに影響を与えます。

ホルモンは気持ちや思考プロセスを決める

神経伝達物質にも影響を与えます。

 

この様にホルモンが女性の健康全般を

維持するために重要な要素であることが

分かります。

 

—————————–

 

女性のからだにはエストロゲンとプロゲス

トロンという、2種類の重要な性ホルモン

があります。

 

エストロゲンは脂肪細胞と卵巣により

作られます。思春期になるとエストロゲン

は、胸の発育や腰周りに丸みを帯びて

女性らしくなるのを促進します。

 

またエストロゲンは細胞の増殖と、

子宮壁の成長を促進して、卵子の移植の

準備を進めます。

 

一方プロゲストロン(黄体ホルモン)は、

月経の後半に優位になるホルモンで、

妊娠の成功ためには不可欠なホルモンです。

 

また細胞に対し増殖を停止する信号伝達を

行い、エストロゲンの増殖効果を抑制し、

バランスを整える働きをします。

 

この様にエストロゲンとプロゲストロンは

まるでダンスのパートナーの様に、

リズム良く、バランス良く共にワルツを

踊っているのです。

 

もしそのバランスが崩れると、多くの

ホルモンと健康の問題が生じます。

体重増加、高血圧、うつ、意識混濁、

脳卒中、自己免疫疾患、乳がん、

そして不妊症などはホルモンバランス

により起こるか、もしくは悪化させる

ことに繋がります。

 

—————————–

 

21世紀の近代的な生活をしている

女性達にとって、ホルモンのバランスを

整えるのには、実は沢山の障害があります。

それには以下のことが含まれます。

 

ストレス、栄養不足、肉や乳製品に

含まれるホルモン、エストロゲン様の

化学物質(農薬など)、そして妊娠

予防のためのピル、更年期症治療の

ホルモン充填療法(HRT)などです。

 

特にこれらの医療法は、エストロゲン

優位と呼ばれる、過剰なエストロゲン

レベルの状態を女性の体内に作り出します。

 

このエストロゲン優位の状態は、

以下の症状を引き起こすか、悪化させます:

アレルギー、乳房圧痛、性欲低下、

うつ、疲労、薄毛、乳腺線嚢胞症、

多嚢胞性卵巣症候群、頭痛、低血糖、

血栓、脳卒中、不妊症、イライラ、

健忘症、流産、卵巣嚢腫、子宮内膜症、

子宮筋腫、お腹の膨れ、体重増加

(特にお腹の周り、尻、腿)、

そして自己免疫疾患など。

 

—————————

 

では女性にとって大変大切な

このホルモンバランスを整え、

健康な状態でいるためには

どうしたらよいでしょうか?

 

そこで次回はそのための5つの

ヒントをご紹介します。

 

mombabysmile

関連記事

IMG_0652

食事制限を宣言!?

実は最近、食事制限をしています。 えっ?ダイエット中? いえ、身長179cmで体

記事を読む

kidsdog

病気になりやすい子供、  なりにくい子供がいるのはナゼ?

暑~い夏の季節、学校も休みでついつい 親も子供に対して気を緩みがちに なるかも知れません

記事を読む

IMG_7287

生き返る方法・・・水をやるだけ♪

我が家は一階がガレージで、 階段を上がって2階に玄関 があります。   そ

記事を読む

見つけた!ビッグアイスクリーム♪

丈夫な骨作りの秘訣・・・ミルクを飲まないこと!?

赤ちゃんの粉ミルクに始まり、子供の 学校給食、一般家庭においてもミルクを 飲むのは一般的

記事を読む

IMG_5005

子供の睡眠時間、足りてますか?

寝る子は育つという通り、子供の成長 には十分な睡眠は欠かせませんね。  

記事を読む

candy1

からだにやさしい環境作りのヒント (その一)

私達が家の中で、日常的に使っている物には沢山の 化学物質が使われている事をご存知でしょうか?

記事を読む

IMG_5881

脳のパワーアップに役立つ食べ物 トップ10!(後編)

子供から大人まで毎日様々なストレスに さらされ、さらに自閉症やADHDなど 発達障害と呼

記事を読む

sprots drink and kids

スポーツ飲料&イオン飲料は子供にはダメ!?(YouTube)

記事を読む

IMG_7453

緑の環境は ADHDの症状を和らげる♪

  森や林、身近な所では公園でも 緑がある場所へ行くと、気分が落ち 着い

記事を読む

IMG_4622

遺伝子組み換え作物って安全なの!?

遺伝子組み換え作物という言葉が 最近は広く知られるようになりました。 そしてその安全性に

記事を読む

IMG_0556
インド料理はグッドチョイス

先週の出張中、2回もインドレストランに行きました。 一緒に行った

IMG_0652
食事制限を宣言!?

実は最近、食事制限をしています。 えっ?ダイエット中?

IMG_0600
自然に触れて集中力アップ!・・・ADHDの改善にも

森や林、身近な所では公園でも 緑がある場所へ行くと、気分が落ち

IMG_0669
緑の山とありがたい水

先週は仕事の関係で北カルフォルニア へ行ってきました!

IMG_9720
久し振りの帰国とお袋の入院・・・

1月末から2月上旬に掛けて約2週間、 久し振りに日本へ一時帰国し

→もっと見る

  • 2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
    PAGE TOP ↑