*

丈夫な骨作りの秘訣・・・ミルクを飲まないこと!?

公開日: : ヘルシーキッズ!(健康情報)

赤ちゃんの粉ミルクに始まり、子供の

学校給食、一般家庭においてもミルクを

飲むのは一般的ですね。

 

ミルク:牛乳はタンパク質とカルシウムが

豊富だから体に良い、子供の成長に役立つ

と私達は長い間教わって来ました。

 

しかし最近これに反論する意見が増えて

来ています。そしてを牛乳は骨を丈夫に

するどころか骨を弱くする

というリサーチ結果も出ているそう。

 

「いったい牛乳は体に良いの?悪いの??」

今回はこれに関連した記事をご紹介します。

 

—————————-

 

あなたは中世イングランドで、両親が

赤ちゃんの病気を追い払うために、

ウサギの足を首の周りに結ぶことを

知っていますか? 歴史には根拠のない

健康上の迷信が沢山あります。

現在においてのミルク神話もそのひとつ

と言えるでしょう。

 

ミルクを飲む習慣は過去何千年も前に

さかのぼることが出来ます。そして

今日でもミルク神話は強く残っています。

 

2001年に平均的なアメリカ人の子供は

104クォート(約98リットル)もの

牛乳を消費しています・・・ミルクは

あなたの骨からカルシウムを枯渇させる

にも関わらず。

 

〈ミルクは骨のカルシウムを減少させる〉

ミルク神話は「このタンパク質と

カルシウムが豊富な飲み物は優れた

健康食品であり、骨の健康をサポート

するために不可欠である」という

欠陥のある情報に基づいて世界中に

広がっています。

 

それは1カップ当たり約300mgの

カルシウムが含まれるという事実に

由来しているため、容易に理解

することが出来ます。

 

しかし多くの科学的研究にてミルクの

消費が健康に対するいくつかの有害な

影響を示しています。

 

特に驚くべきものは、ミルク(殺菌

処理済みのものは特に)のカルシウム

はほとんど吸収さえないばかりか、

逆に骨からのカルシウム損失を

増加させるという皮肉なものです!

 

すべての動物性タンパク質と同様に、

牛乳は体のpHを酸性化します。

そしてカルシウムは優れた酸の

中和剤であり、骨は体内における

カルシウムの最大の倉庫です。

 

したがって、ミルクの酸性化の効果

を中和するために、私たちの骨の

カルシウムが利用されるのです。

 

そして中和に使われたカルシウムは

尿を介して体内から排出されます。

統計では乳製品の最低消費国の方が、

その人口に対して最も低い骨折の

発生率を示しています。

 

しかし悲しいことにほとんどの

主流の医療従事者は、これらの

実績のある事実を無視します。

 

事実私が骨粗しょう症と診断された時、

私の医者は薬の服用に加えて、

牛乳をたくさん飲むことを勧めました。

ただ私はそのどちらも行いませんでした。

 

〈牛乳は子牛のためにデザインされたもの〉

私たちの祖先の創意工夫と古代の

生存の必要性のために、別の種の

ミルクを飲むという習慣が始まった

と思われます。牛乳は子牛のための

優れた栄養源であることを

誰も疑わないでしょう。

 

出生時に約100ポンドの重量

だった子牛は、離乳時までに

約8倍の重量になります。

 

しかし人間とは異なり、乳離れを

した後に彼らが再び牛乳を飲むこと

はありません。これと同じことが

この惑星上のすべての哺乳動物種

に適用されます。

 

また、それぞれの哺乳動物種には

独自にデザインされたミルクを

持っており、牛のミルク:牛乳も

例外ではありません。たとえば

牛乳は人間の母乳に比べ平均3倍

のタンパク質を含んでいます。

それはヒトの体内では代謝を阻害

し骨の健康へ悪影響を与えます。

 

人間の母親のミルクは人間の

赤ちゃんのための優れた栄養源です。

牛乳はその成分はとは大きく異なる

ことに留意することが必要です。

 

〈牛乳が骨折リスクを増加させる〉

多くの科学的研究にて牛乳や乳製品

の消費は“骨粗鬆症による骨折を

軽減する”という社会通念に

反していることを示しています。

 

牛乳や乳製品が骨折から骨を保護

するのに失敗している事を示して

いる研究結果は、それを証明する

研究結果の数を上回っているのです。

 

また幼い頃からミルクを飲み続ける

ことは、将来の骨折のリスクを

増やすことはあっても軽減することは

ありません。

 

その“預金口座”カルシウム理論は

カミングとクラインバーグの次の様な

調査結果にても否定されています:

 

「乳製品、特に20歳までの消費量は、

高齢になってからの股関節骨折の

リスク増加と関連していた。

( “高齢者の股関節骨折のリスク

ファクターのケースコントロール研究”

疫学、139巻、アメリカジャーナル5号、1994)

 

12年間の長期に渡るハーバード大学

看護師健康調査では、乳製品から

カルシウムを最も摂取した人達は、

ほとんど牛乳を飲んでない人達よりも

骨折の数が多い事がわかった。

 

これは77761人の女性を対象に

34~59歳までの間を調べた

広範囲な研究である。」

 

〈主流の医学では無視される衝撃的な統計〉

主流な医学界では、“牛乳や乳製品

が最適なカルシウムの供給源”と

いう社会通念を否定する科学的証拠は

完全に無視されています。

 

しかしその例外の一人“責任ある

医療のための医師委員会ワシントンD.C.”

の栄養ディレクターであるエイミー・

ラノウ博士は以下の様に述べています:

 

「最も高い割合の骨粗しょう症

患者を持つ国は、人々が最も牛乳を飲み、

最も多いカルシウムがその食事に

含まれている国です。カルシウム

の消費量と骨の健康の関係は

実際は非常に弱く、乳製品の消費量と

骨の健康の関係はほとんど

存在しないのです。」

 

〈牛乳は酸性の動物性タンパク質〉

他の動物性タンパク質が豊富な

食品と同様に、ミルクはプラス電位

腎酸負荷(PRAL)を持っています。

 

それは有害な酸性タンパク質が

腎臓に到達する前に中和するための、

生物学的な保護反応を起こす

働きがあります。

 

私達の体は生存するために設計

されているので、生存に不可欠な

腎臓や尿路を保護するために

骨密度を犠牲にします。

 

それは最も容易に利用可能な

酸中和剤の供給源は骨なのです。

牛乳はカルシウムが含まれて

いますが、結果としてその

重要なミネラルを骨から掘り

崩してしまうことになるのです。

 

資料:Vivian Goldschmidt MA, saveourbones.com/osteoporosis-milk-myth/

 

—————————-

 

いかがでしょうか?

 

牛乳が健康に悪影響を与えるという

この話は、今まで聞いたことが無い

人にとってはちょっとショッキング!

な内容だったかも知れません。

 

しかし牛乳は最も一般的なアレルギー

源のひとつであることは事実ですし、

その消費を控えるだけで多くの

健康問題を予防出来るということは

理に適っているのかもしれません。

 

もしお子さんの健康で何か心配ごと

があるのでしたら、しばらくの間、

乳製品を食べるのを控えてみて、

お子さんの健康状態などを観察して

みるのもひとつの方法かも知れません。

 

——————————–

 

現在我が家では極力乳製品を食べるのを

控えています。いちばんの理由は、

乳製品や甘いもの等を食べ過ぎると、

娘のモモの指先が荒れてしまったり、

からだに軽い湿疹が出る事が

あったからです。

 

ケーキやお菓子など子供の好きな

ものには必ずと言っていいほど

牛乳が使われています。

それを完全に食べなくする事は

大変なことかも知れませんが、

まず食べる量を減らすだけでも

違いが現れるかも知れません。

 

この様に今まで信じていた“常識”

が本当は事実でないという事、

これからは沢山出てくるかも

知れません。

 

だからこそ固定概念に囚われず、

子供を預かる親として、

子供や家族にとって大切なことを

しっかりと見極めていく事が、

これからはもっと必要になるの

かも知れませんね。

 

あ!ソフトクリーム♪

関連記事

IMG_6200

風邪、インフルエンザに負けない7つのヒント!

寒さが増して本格的な冬の到来ももうすぐですね。   この季節を元気に乗り越える

記事を読む

IMG_5005

子供の睡眠時間は足りてる?

寝る子は育つといいます通り、子供の成長には 十分な睡眠は欠かせません。では自分の子供の 睡眠時間

記事を読む

kidssleep

子供の睡眠は足りてますか?(YouTube)

こちら動画バージョンアップしました~♪

記事を読む

IMG_6479

子供に抗生物質の弊害!!

医者に掛かると抗生物質を処方してくれますね。 ちょっとした感染症でも意外と簡単に

記事を読む

vegs

目の健康にはやっぱり・・・ニンジン!

子供の目の健康、気になりますね。 確かに最近、メガネを掛けている子供を 本当によく見かけるように

記事を読む

image af flower

お部屋の芳香剤が原因?!・・・アレルギー、生殖機能不全、行動障害まで

自宅や、オフィス、歯医者の待合室、 レストランのトイレ、自動車の中等々、 市販の

記事を読む

311 and living now

3.11から4周年・・・今を大切に生きるために大切なものとは?(YouTube)

まだ3月なのに30℃越えのロスアンゼルスから・・・暑い~~~ 早いもので3.11の東北大震災か

記事を読む

IMG_7016

お客様からの問い合わせ・・・脳力アップには何がいい?

さっきまでお客様からのお問い合わせ に回答を書いてました。 1歳と5歳の二人のお子さんをお持

記事を読む

IMG_7228

GMOよ、さようなら~♪

我が家でも時々利用している 最近人気のメキシカンファーストフード店、 チポーレ(Chipotle

記事を読む

fruitsguy

からだにやさしい環境作りのヒント(その二)

私達が家の中で、日常的に使っている物には沢山の 化学物質が使われている事をご存知でしょうか?

記事を読む

Message

IMG_0556
インド料理はグッドチョイス

先週の出張中、2回もインドレストランに行きました。 一緒に行った

IMG_0652
食事制限を宣言!?

実は最近、食事制限をしています。 えっ?ダイエット中?

IMG_0600
自然に触れて集中力アップ!・・・ADHDの改善にも

森や林、身近な所では公園でも 緑がある場所へ行くと、気分が落ち

IMG_0669
緑の山とありがたい水

先週は仕事の関係で北カルフォルニア へ行ってきました!

IMG_9720
久し振りの帰国とお袋の入院・・・

1月末から2月上旬に掛けて約2週間、 久し振りに日本へ一時帰国し

→もっと見る

  • 2018年6月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
    PAGE TOP ↑