*

遺伝子組み換え作物って安全なの!?

公開日: : ヘルシーキッズ!(健康情報)

遺伝子組み換え作物という言葉が

最近は広く知られるようになりました。

そしてその安全性に対する論議も

あちこちであるようです。

 

ガンの原因になるとか、腸内環境を

破壊する原因になるとか、

それを食べて育った動物の肉は

安全でないとか・・・いろいろな

主張があります。

 

それらの主張がどこまで科学的に

実証されているのかは、それも

賛否両論ですが、成長期の子供を

持つ親にとっては、非常に心配な

ことですね。

 

ということで、遺伝子組み換え作物

についての記事を今回はお届けします。

 

——————————-

 

《GMOって何だ?!》

遺伝子組み換え作物という名前は聞いたことが

あるかと思います。英語ではGMO(Genetically

Modified Organism)と呼ばれます。

 

GMOは90年代の始めに栄養素の増強、干ばつ

にも強い、成長が早い、また大豆やコーン等の

生産性の向上などを目的として始められました。

 

そして20年以上経った現在、それらの目的とは

程遠い現実が明らかになっています。

 

2009年に発行されたFailure to Yield: Evaluating

the Performance of Genetically Modified Crops に

おいて、“GMOは政府からの巨額の資金をその開発

に使っているにも関わらず、その生産性の向上という

目的はほとんど達成されていない”と報告されています。

 

そして現在、GMOの安全性について心配する消費者

の声が日に日に高くなっています。

 

GMOのひとつの方向性として、特定の除草剤に

対する抵抗力を持つ品種の開発が成功しています。

 

それは特定の除草剤を散布して雑草の駆除をする中、

GMOの品種はこの除草剤の影響を全く受けずに

成長して、作物を収穫することが出来るというものです。

これは農家がその特定の除草剤のみを使用した場合

に有効となります。

 

コーン、大豆、カノラ、コットン、アルファルファを

含む幅広い農作物が、この除草剤対抗性GMO品種の

開発に成功しています。この世界中で最も使用されて

いる特定の除草剤というのが、グリフォサイト

(Glyphosate)と呼ばれるものです。

 

グリフォサイトは幅広い種類の雑草に対して効果が

あり、一般的には良く知られる「ラウンドアップ」と

いう名の除草剤の主成分です。

 

グリフォサイトは2000年までアメリカの

モンサント社だけがその製造権を持っていましたが、

現在は中国メーカーを含むいくつかの会社により

製造をされています。

 

現在、除草剤対抗性GMO品種の普及に伴い、

グリフォサイトの使用量は劇的に拡大しています。

 

EPA(アメリカ環境保護局)の2007年の

報告では、年間180~185ミリオンパウンドの

グリフォサイトがアメリカで使用されており、

全除草剤使用量の50%近くになります。

 

これは既に非常に大きな数字ですが、現在は更に

増えているものと考えられます。更に農業以外の

家庭用や業務用などを加えると、200ミリオン

パウンド程度という非常に大きな数字となり、

歴史上最も使用されている除草剤です。

 

これだけの膨大な除草剤(毒物)が畑に散布されて

いれば、おのずとマイナスの効果が表れて来ていると、

信頼出来る著名な科学者たちも警告をしています。

 

——————————————

 

《名の無い微生物》

除草剤グリフォサイトの多用、それに比例して

今まで上手に抑える事が出来ていたはずの多くの

植物の病気が、逆に増えていることに研究者たちは

気づいています。そしてそれらの病原体の増殖の

悪影響は植物に対してだけでは無いようです。

 

最近のリサーチではGMOコーンや大豆を飼料と

して与えられた家畜、さらに人体に対しても影響を

与える可能性がある大きな証拠があると伝えています。

 

パーデュー大学の微生物学と植物病原体学の教授で

あるドン・ホウバー博士は、グリフォサイトが植物の

光合成に欠かせない微量ミネラルに与える影響に

ついて研究をしています。

 

「獣医達は新しい、まだ名前の付けられていない

微生物が生殖機能不全に関係していると報告して

います。そしてそれらはGMO作物、特にコーンと

大豆が由来であることを確認しています。

 

彼らはこの新しい微生物が、家畜の不妊や流産、

突然の堕胎と言った生殖機能不全の原因であると

考えています。」

 

「私たちはグリフォサイトが直接この病原体の

増加に影響を与えているというリサーチ結果は

まだありません。しかしそれが植物を育てる環境を

変化させ、病原体を生存しやすくしているという証拠、

それがそれらの植物を飼料として与えられた

家畜に生存していることを確認しています。」

とハウバー博士は述べています。

 

この病原体が人間に移る可能性はあるのでしょうか?

人間が消費する動物製品の皮膚からこの病原体は

既に検出されています。

 

「この微生物は馬、牛、豚、羊、ヤギ、そして鶏にも

既に感染しています。その事実から人間に移らない

ということは考えにくいと私は思います。

まだ沢山のリサーチを行う必要がありますが、

人体への安全性について考慮することは至極当たり前

のことと思います。」とホウバー博士は語ります。

 

ホウバー博士はこの病原体に関する研究を、

次のGMO作物を認可する以前にもっと行うべき

だとUSDA(アメリカ連邦農業局)の長官へ

伝えました。しかし博士の警告にも関わらず、

USDAは除草剤抵抗性GMOのアルファルファを

数ヶ月前に認可しました。

 

「ホウバー博士はグリフォサイトが植物と動物に

与える影響に対し、とても深刻な憂慮を表明して

います。」と食品安全センターのビルフリーズ氏は

語ります。

 

「USDAはこの問題について真剣にリサーチを

実施し、もっとデータの蓄積をはかるべきです。」

 

資料:Organic Connections, Sep-Oct. 2011

 

=============================

いかがでしょうか?

 

ここアメリカではGMO(遺伝子組み換え作物)に

反対する意見がぞくぞくと集まっています。

 

2012年にカリフォルニア州では、

食品にGMOが含まれる場合は、

そのラベル表示を徹底させる、またその場合

「ナチュラル」という表示が出来ないという

法案が提出されました。

 

これは消費者には、GMOが含まれる食品を

知る権利があるという主張から来ています。

 

しかし残念ながら食品小売店、食品会社、

農家にも大きなコストを与える影響がある等の

反対もあり、僅差でその法案は通りませんでした。

ただそれだけ一般にGMOに対する不安が

知られて来たということです。

 

———————————-

 

しかしそれらの論議の進展に関わらず、既にGMOは

世界中のコーンの29%、大豆の81%を占めています。

これらは様々な加工食品に形を変えて使用されており、

私たちが食べている食品の多くは既にGMO作物を

原材料としたものが数多く含まれているのです。

 

そして今後もその割合は増え続けていくでしょう。

GMO先進国であるアメリカでは、耕作面積の50%は

既にGMO作物であり、食品の80%は既に何らかの

GMO由来の原料が含まれているとも言われています。

この記事にある名前の無い病原体は、GMO作物が

秘めている危険性のほんの一部でしょう。

 

環境に対する影響や、世界各地に古くから生存する

植物の種を絶滅させてしまう可能性、更にGMO作物の

特権を持っている一部の大企業に、私たちの食料生産を

コントロールされる恐れもあります。そしてそれらは

いくつの国々で既に起こり始めていることなのです。

 

既に日本に輸入される大豆やコーンはアメリカ産が

ほとんどですから、GMOであると思われます。

それらはさまざまな加工食品の原材料として、

動物の飼料として既に私たちの食卓に乗っています。

 

ひとつの例として、お菓子を始めとして多くの食品に

使われている異性化糖(ブドウ糖果糖液糖や

果糖ブドウ糖液糖など)はコーンを主原料としています。

 

これはアメリカではHFCS (high-fructose corn syrup)

と呼ばれ、精製された甘味料としてその健康に対する

影響に合わせ、その原材料にGMOコーンを使用して

いることが最近は問題視されています。

 

————————————–

 

では私たちはいったいどうしたら良いのでしょう?

 

まずは出来るだけ遺伝子組み換え作物を使用して

いない農産物や食品を買うこと。それがそれらを

生産する農業を間接的に助けることにつながります。

 

更に遺伝子組み換え作物について知識を付ける

ことも大切です。そうすれば上記の様にGMOが

使われている可能性のある材料が含まれている

加工食品をある程度は避けることも出来るし、

私たちの選択枝をより増やすことにもつながります。

 

そしてGMO作物を使用している食品に対する表示義務

を進めること。これは政治の話にもなりますが、

一消費者としてそれらの題材に注意をすること、

またサポートすることは大切だと思います。

 

そう単にGMOを恐れたり、またはあきらめ

たりするのでは無く、私たちが出来ることを

ひとつひとつ行っていくことが、

私たちの子供達、未来の世代のためにも、

大切な事ではないでしょうか。

 

IMG_4622

関連記事

fruitsguy

からだにやさしい環境作りのヒント(その二)

私達が家の中で、日常的に使っている物には沢山の 化学物質が使われている事をご存知でしょうか?

記事を読む

IMG_4700

犯罪の予防にビタミン!?

昨今、子供達の行動が荒れているとか、逆に ひきこもり等の問題が話題となっていますね。 確かに

記事を読む

IMG_8079

大人のADHDに役立つサプリは? その改善のヒントは?(その2)

最近大人の方でADHDでお悩みの方 数名からお問い合わせを頂きました。  

記事を読む

7tips for healthy baby

健康な赤ちゃんのための7つのヒント!

最近「子供が産まれました!」「妊娠中です♪」というニュースが身近でもありました。 新しい生命の誕生

記事を読む

PET bottle

子供にイオン飲料やスポーツ飲料はダメ!!

暑い夏、汗をかいて喉が渇いたら何を飲みますか? スポーツ飲料やイオン飲料という方も多いですね。

記事を読む

image af flower

お部屋の芳香剤が原因?!・・・アレルギー、生殖機能不全、行動障害まで

自宅や、オフィス、歯医者の待合室、 レストランのトイレ、自動車の中等々、 市販の

記事を読む

orangejuice

フルーツジュースが健康に良いのは本当?

健康のためにと考え、市販のオレンジ ジュースやフルーツジュース、野菜 ジュース等

記事を読む

sprots drink and kids

スポーツ飲料&イオン飲料は子供にはダメ!?(YouTube)

記事を読む

IMG_7441

金魚が最適なペットの7つの理由~♪

犬や猫、ウサギや鳥、最近ではヘビ等 の爬虫類まで、本当に様々なペットが 飼われていますよ

記事を読む

IMG_5531

元気なお母さんの秘訣!ホルモンバランス5つのヒント!(後編)

7年以上前に娘が誕生してから、私も父親と いう立場で、それなりに娘と遊んだり、本を 読ん

記事を読む


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mamokatsu/mamokatsu.net/public_html/wp/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

Message

IMG_0556
インド料理はグッドチョイス

先週の出張中、2回もインドレストランに行きました。 一緒に行った

IMG_0652
食事制限を宣言!?

実は最近、食事制限をしています。 えっ?ダイエット中?

IMG_0600
自然に触れて集中力アップ!・・・ADHDの改善にも

森や林、身近な所では公園でも 緑がある場所へ行くと、気分が落ち

IMG_0669
緑の山とありがたい水

先週は仕事の関係で北カルフォルニア へ行ってきました!

IMG_9720
久し振りの帰国とお袋の入院・・・

1月末から2月上旬に掛けて約2週間、 久し振りに日本へ一時帰国し

→もっと見る

  • 2020年12月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mamokatsu/mamokatsu.net/public_html/wp/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399
    PAGE TOP ↑